屋根塗装
フッ素塗装光触媒塗装料金についてお見積り・ご相談

岡野工業の屋根塗装

屋根の塗装は、一般的に日本瓦以外の場合、ほとんどの屋根には塗り替えが必要になってきます。
塗装の中でもコロニアル(カラーベスト等)は素材が非常に薄く作られており、塗り替えのタイミングを逃してしまうと歩くたびに割れてしまうような状態になり、屋根にのぼる事もできなくなります。
そうなってしまう前に塗り替える必要があります。

弊社では、手作業又はタスペーサー等のパーツを使った縁切りを状況により使い分けます。
写真の掲載は今の所予定しておりませんが、数通りの方法を取っております。
工事の御相談や御依頼の際にはどのような施工をするのか、写真でご確認出来ますので、安心してお任せ頂けると思います。


屋根の種類

屋根の種類には、コロニアル屋根、洋瓦屋根、折板屋根、トタン屋根(桟葺き)の他にもさまざまな種類があります。
下記の写真はその中の一例です。


コロニアル屋根・洋瓦屋根
コロニアル屋根 コロニアル屋根

折板屋根・トタン屋根(桟葺き)
折板屋根 トタン屋根(桟葺き)

コロニアル屋根の塗り替え

Before・After
塗装作業施工前 塗装作業施工後

シリコン樹脂塗装施工例

Before・After
塗装作業施工前 塗装作業施工後
重なり目のズーム写真
重なり目のズーム写真

この屋根は劣化が著しく、すでに塗膜を失いコケや藻が屋根
一面に生えていました。その上、棟のトタンが破損している状態
です。しかし、幸い雨漏りはしなかったそうです。
シリコン樹脂塗装施工後では、棟のトタンも新設して雨漏りの
心配も解消!とても綺麗になりました。

フッ素樹脂塗装施工例
フッ素樹脂塗装施工前
フッ素樹脂塗装施工前

この屋根は築8年を経過した物件の屋根になります。
白くなっている所は塗膜を失い素地が出ている部分です。
(アスベストの飛散も考えられます。)
コケや藻は生え始めた所なので塗り替え時期のタイミングと
しては良い時期です。


矢印
高圧水洗
高圧水洗

まず、屋根を塗装する前に洗浄を致します。
高圧洗浄機を使い約150kgf/cuの高圧トルネード水流で、
コケや藻・旧塗膜など汚れを綺麗に洗い流します。
屋根の素地と塗料を密着させるためにおこなう屋根の塗り替え
で最も重要な作業です。
※弊社は、形だけでなく時間を掛けて丁寧に洗浄します。

矢印
屋根洗浄後
屋根洗浄後

コロニアル屋根洗浄後の写真をズームUPして見ました。
白い繊維状のアスベスト(クリソタイル)にお気づきですか?
洗浄の際はアスベスト飛散抑制対策を講じて作業を行って
います。お客様の敷地はもちろん、ご近所への飛散もきちんと
配慮して作業します。
(飛散防止ネットだけの対策ではありません。)

矢印
塗装作業-錆止め-
塗装作業-錆止め-

次に錆止めの工程に移り、屋根の先端から雨水を伝える唐草に錆止めを塗布します。この部分は、ホコリ等も付きやすく降雨の後など非常に乾きが悪いため以外に傷みやすい所です。
しっかりと錆止めを入れておきます。
※他社で塗り替えされた屋根を見てみて下さい。
  錆止めは疎か塗装されていない屋根が沢山あります。

矢印
塗装作業-中塗り工程-

屋根の劣化状況や使用する塗料の種類によって、下塗りの塗装を1回〜4回程度行います。

矢印
塗装作業-中塗り工程-
塗装作業-中塗り工程-

棟の白い部分は、金属に錆止め塗装を施してあります。
瓦に艶が有るのは、下塗りシーラーが塗られている状態です。
この屋根は、フッ素樹脂を塗布した現場になります。 長期に渡りアスベストをガッチリコーティングできるよう丁寧に塗装します。

矢印
塗装作業-中塗り工程-

屋根の仕上げ塗装になります。
一般の塗装では、下塗りの他上塗りを2回塗ることにより
膜厚を確保し強靱な塗膜を形成します。

遮熱塗装の場合は、異なる塗料を更に1工程多く塗装します。


フッ素塗装施工例コメント
弊社では、手作業又はパーツを使った縁切りを状況により使い分けます。写真の掲載は今の所予定しておりませんが、
数通りの方法を取っております。工事の御相談や御依頼の際にはどのような施工をするのか、写真でご確認出来ます
ので安心してお任せ頂けると思います。

縁切り作業
屋根を塗装することにより塗装した塗料で瓦の癒着という不具合が発生します。
縁切りは、塗膜により癒着した屋根材を1枚1枚剥がして縁を切る重要な作業です。
コロニアル等は、素地裏に進入した雨水を重なり目から排出する構造になっています。しかし、塗膜により、素材を癒着させたままだと、進入した雨水が排出されず素地裏に停滞してしまいす。この停滞した雨水に より冬の凍結や夏の高温水蒸気などにより様々な不具合が生じます。
(コロニアル瓦素地・ルーフィング・野地板等の劣化促進。更に雨漏りの原因にもなります。)


塗装作業施工後
塗装作業施工後

塗装完成写真になります。フッ素樹脂塗料を使用し塗料メーカー共同の塗膜性能10年保証書の発行をさせて頂きました。

重なり目のズーム写真
重なり目のズーム写真

重なり目のズーム写真です。
手作業で縁切りをする場合は重なり目の塗装にも細心の注意が必要です。


☆フッ素塗装施工例コメント
コロニアル屋根の塗装だけでもまだまだHP上で公開していない写真が多数あります。
コロニアルの塗り替えで不安をお持ちの方も御相談の際にご確認頂くことにより不安が解消されるかと思います。
尚、コロニアルに含まれるアスベストについてHP上でうたう事は非常に悩みましたが、あくまで含有の事実として
乗せる事にしました。決して恐怖心をあおるつもりではございません。
また、周辺への飛散防止に対しても十分注意を払って作業をしておりますし、塗装後はアスベストもガッチリとコーティング
されてしまいます。心配される前に御相談頂ければアスベストや施工についてご説明させて頂きます。

【ボタン】雪止等その他の工事施工例はこちら

洋瓦の塗り替え

洋瓦は、主にハウスメーカー様が使用している瓦で、大きく分けると湿式瓦と乾式瓦があります。
一見塗装は不要の様に思われますが実は塗膜で保護されています。
一般に8〜15年位の間が塗り替えの時期です。
(立地環境や瓦の種類によりそれぞれ劣化状態や時期が変わります。)


洋瓦(乾式タイプ)塗装施工例

洋瓦には様々な形の物が有りますが、特に塗り替えで注意するのは湿式タイプと乾式タイプの瓦です。
同じ形の瓦でも2タイプの物があります。特に、乾式タイプの瓦は、湿式タイプと異なり適用塗料が限られますので現場調査では、注意を払います。
施工内容は、選んで頂いた塗料の種類や瓦の種類で塗装条件が変わってきます。


Before・After
洋瓦(乾式タイプ)塗装施工前 洋瓦(乾式タイプ)塗装施工後

洋瓦(乾式タイプ)塗装施工前 洋瓦(乾式タイプ)塗装施工後

洋瓦(乾式タイプ)塗装施工前 洋瓦(乾式タイプ)塗装施工後

フッ素塗装施工例コメント
施工前では,塗膜が著しく劣化し、屋根全体にコケや藻が生えています。
施工後では、塗膜が一新し、またしばらく安心です。

【ボタン】屋根の葺替や漆喰補修工事施工例はこちら

岡野工業お問い合わせ